姪浜漁港での釣果激渋アジング2017/09/26

アジング 釣果情報
スポンサーリンク

 

アジングであたりはほとんど出ないが何かの魚は居た!

小潮の為か気温が下がったためかアジングでのあたりはほとんどありませんでした。

姪浜漁港の砂浜側防波堤で海面を何かが泳いでいるのが見えて時折、海面に波紋がでたり、何かの魚が表層を移動して海面に船後の様な筋が出たり、海面を連続ジャンプする魚がいたり、海面をえぐる様な音が出たりと魚が居るのは間違えありませんでした。

海面を数回ジャンプする魚は恐らくボラ、海面をえぐる様な音を立てるのは恐らくシーバスですが、海面に船後の筋を出す魚が分かりません。後に姪浜漁港渡船場から延びる防波堤先端常夜灯周りで沢山群れている魚を、餌釣りの方が釣り上げた手のひらサイズのメジナだったため、船筋の様なものを残す魚はメジナと予測しました。

その中で0.5グラム・1.0グラム・1.5グラム・2.0グラムとジグヘッドを換えたり、ワームサイズ・ワームカラー等の変更を加えたり、各層(表層、中層、低層)とリトリーブスピード(リールを巻く速さ)を変えたり、細かに場所移動したり、アクションを付けたアジングを試してみましたが小さなあたりが2度しかなくヒットもしませんでした。

シーバスやセイゴが群れている為にアジが姿を隠しているかもしれないと思い、小さなプラグや小さなバイブレーションメタルジグを試すも何も反応がありませんでした。

他に釣りに来ている人にも何かヒットしたような様子が無く1時間程粘ってもヒットしなかったので姪浜漁港砂浜側から渡船場横駐車場へ移動。

 

姪浜漁港渡船場横駐車場常夜灯付近にアジゴを目視で発見!

この日は小潮で満潮が23時頃、気温は下がりアジが居ないのかもしれないと思いながらもアジングであの手この手を繰り返すも相変わらず反応はありません。

時間が21を過ぎた頃、姪浜漁港渡船場横駐車場常夜灯周りではアジゴが数匹泳いでいるのを目視で確認。

アジが居るにも関わらずあたりが出ないので、ジグヘッドサイズを0.5グラムに換えワームを2インチに変更しアシストフックも装着。

常夜灯の光が陰になる場所で低層にジグヘッドをロングステイ(ジグヘッドとワームをなるべく長く同じ場所に留まらせる)させると、小さなあたりがあり合わせるとヒット!

10センチ程のアジゴが釣れました。その後同じ場所で同じサイズを2匹ヒット。全てアシストフックに針掛

アジゴよりも強い引きでヒットしたのがチャリコです。サイズは8センチ程。

アジングで釣れない時(激渋)は軽いジグヘッドでロングステイに効果があった。

表層にアジゴが泳いでいるのを確認できたのに表層ではヒットせず常夜灯の光の影になる手前の低層でヒットしました。

他にサビキ釣りの方も釣れている様子は無かったのですが時間が経つにつれてヒットしていました。

気温が下がりアジの食い気が無くなりあたりが小さくなったが満潮に近づくにつれてあたりが出始めたのかもしれません。

全てアシストフックに掛かったのはアジゴがワームのしっぽついばむだけなのか、単にあたりが出てからの合わせが遅いのか?どちらかだと思います。

今回のアジングでは軽いジグヘッドを使い一定の場所に留まらせる事で激渋時でもヒットすることが出来ました。

満潮時まで姪浜漁港渡船場横駐車場常夜灯周りで釣りを続けられなかった為、その後の状況は分かりませんが、気温や潮の影響があったのではないかと考えています。

 

釣果

アジゴ(10センチ程)3匹   チャリコ(8センチ程)1匹

 

 

2017年9月26日(火曜日) 20:00~22:30(2時間30分程)

天候:晴れ 風向:北 風速:1m/s 潮:小潮 満潮:23:40

最高気温:30.1℃ 最低気温:19.5℃

 

使用釣り具

使用ロッド1:シマノ ロッド ソアレBB アジング S604ULS

使用ライン1:ダイワ 月下美人ライン TYPE-F 150m

使用リール1:アブガルシア スピニングリール Cardinal SX1000S

使用ジグヘッド1:JAZZ(ジャズ) 尺ヘッドDXマイクロバーブ DとRタイプ 0.5g~2.0g

 

ヒットワーム:マルキュー エコギア アジ職人 アジマスト 2インチ(オレンジ)

アシストフック:がまかつ(Gamakatsu) サポートフック鬼爪 ケイムラスペシャル S

 


スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ