福岡姪浜漁港での釣果2017/9/12

アジング 釣果情報
スポンサーリンク

2017年9月12日(火曜日) 11:30~14:30の3時間程

天候:晴れ 最高気温:29.7℃ 最低気温:24.3℃ 風速:4m/s 風向:北 潮:小潮 満潮13時頃

 

午前中は雨が降っていて、午後から天気が回復するとニュースで見たため、風は強いと知りながらも3時間程釣りに行ってきました。やっぱり暑いです。日焼け止めは必須です。

 

いつものようにアジングです。簡単な装備で釣りに行けるので気分転換に最適です。

 

まずは2グラムのジグヘッドにアジマスト2インチのワームを付けて底狙いからです。日中のアジは日の届かない底付近や防波堤の影にいるだろうと思い少し早めのシャクリで探ってみました。

かすかなあたりはあるもののヒットすることはありませんでした。遠投してボトムを探ってもヒットする事はありませんでした。外海は潮が満ちて来ていて風が強めなのであたりが取りにくい為、砂浜防波堤先端に移動して、流れに合わせて落としてみると、あたりが多くあるのですがヒットはしない状況でしたので、ジグヘッドとワームをチェンジしました。

 

 

ジグヘッドは、アジスタの0.8グラムのSSで針が一番小さいタイプを使用しました。ワームは恐らくダイワだと思うですが、パッケージを捨ててしまった為不明。持っている中で一番小さいワームです。風が強いのでジグヘッドを軽くしてしまうと、あたりが取り辛いのですが針掛りを優先させ針が小さい物を選びました。

 

投げてテンションホールでカウント18ぐらい(投げて糸をぴーんと張って数えて18秒)ぐらいでグッグググとあたりがありヒット!!

上あごに針掛しています。合わせは遅れたのですがしっかりと掛かってくれました。サイズは12センチぐらいでしょうか。

 

さらに10分後、同じようにグッグググとあたり、また合わせ遅れた感があったのですが下顎に針掛しました。サイズは先ほどと同じぐらい12センチ程でしょうか。しっかりとアジの口の中に入ってます。

 

日中のアジングは動きのあるワームに食ってくると思ったのですが、ただ落としているだけで掛かってきました。風が強くあたりは取りにくいのですが風と波の向きを糸と合わせる事で何とか遅れながらでもあたりを感じる事が出来ました。

 

一旦底に沈めて少し早めに巻いてくると姪浜漁港で今まで釣った事の無い魚が釣れました!

ヨコスジフエダイです。実は美味しい魚だと聞いたことがあります。刺身で食べるそうです。

サイズが小アジと同じぐらいなのでリリース。良いサイズのヨコスジフエダイを釣って食べてみたいです。

 

次になかなかの強さで引いたのが、このフグです。サイズは15センチぐらい、ワームをガジガジしてボロボロにしてくれました。

 

 

サビキ釣りの人も沢山の小アジを釣り上げていたり、浮き釣りでサヨリも釣れている様でした。途中ボラの子供が大群で泳いで来て糸にボラが触れ、あたりと勘違いすることがありました。そのボラの子を追ってか、遠くで何匹かの鳥が飛びまわり海面がばちゃばちゃと暴れている状況を目にしました。

釣り用語で”ボイル”というそうです。サゴシや太刀魚のような小魚を食べる魚が、小魚を追いかけて小魚が海面から飛び出す状況です。

小魚を追いかけている魚を目にしていないのですが、時期的にサゴシか太刀魚かもしれません。

 

釣果:小アジ12センチぐらい2匹  ヨコスジフエダイ12センチぐらい1匹 フグ1匹・・・

 

使用ロッド:ダイワ ロッド 月下美人アジング 611L-S

使用ライン:ダイワ 月下美人ライン TYPE-F 150m

使用リール:アブガルシア スピニングリール Cardinal SX1000S

使用ワーム:ダイワの極小ワームとマルキュー エコギア アジ職人 アジマスト 2インチ

使用ジグヘッド:TICT(ティクト) アジスタ Mサイズ 0.8g

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ