糸島市岐志漁港イカダ釣りでの釣果2017/9/9

アジング ジギング 釣果情報
スポンサーリンク

2017年9月9日(土曜日) 糸島市岐志漁港から行けるイカダで釣りをしてきました。

旭星釣りセンターさんが運営しているイカダに船で渡してもらい、そこで釣りをする事が出来ます。

時間は6時~13時の7時間。中潮で満潮10時40分頃でした。

天候は晴れ、最高気温29.7℃、最低気温21.1℃、風向き北の風、風速4m/s。

風が強いと思いきや、ほとんど無風で時折風が出てルアー釣りには良い状態でしたが日が昇るにつれて暑くなり風が無いのも暑すぎてつらかったです。

 

イカダに向かう船からの風景。

 

イカダの上はこんな感じ。

 

まずはジギングとアジングが同時にできるジギングサビキ。

 

 

投げてゆっくりしゃくって根魚とアジを狙う感じでやっていると、

サイズは20センチのアジがヒット。アジングロッドだったら結構引きを楽しめたかもしれませんが、使用したのはエギングロッドだったのでそこまで引きを楽しむことはできませんでしたが、GETはうれしい。時間は朝6時30分ぐらいでした。

 

一つしかなかったジギングサビキが根がかりしてしまいアジングに変更。

 

アジングではメバリングアジングサビキを使用しました。

  

 

3グラムのジグヘッドで底をゆっくりしゃくっていると、

最近よく釣れるタイの子供”チャリコ”が掛かってきました。ワームの方ではなくサビキに掛かってます。時間は朝7時前ぐらい。

メバリングアジングサビキも根がかりしたのでワームのみに変更。

 

ジグヘッドは2グラムでワームはガルプ。

 

2グラムのジグヘッドとガルプのワームで底から3メートルぐらいからテンションホール(テンションホール:リールの糸を緩めずピーンと糸を張ったままジグヘッドが沈むのを待つこと)でヒットしたのが、

18センチ程のアジがヒットしました。細くて軽いアジングロッドだったのであたりも取りやすく引きも楽しめました。

 

エサ釣りの人が同じイカダに乗っていたのですがサビキでバンバン20センチのアジを釣り上げてました。40センチぐらいのチヌもつられており、餌釣りは強いなと思いました。

 

しばらくすると海面が少しばバチャバチャしたので、エギングロッドに20グラムメタルジグを付けて遠投し表層に早くメタルジグを泳がせると、

35センチから40センチぐらいのサワラの子供、サゴシがヒット。なかなかの引きで楽しめました。

 

 

その後もサゴシがヒットし10匹程は釣ったと思います。あまりサゴシを食べるのは好きでないので全てリリース。

メタルジグで底付近をしゃくっていると25センチぐらいのエソもヒットしましたがオートリリース。

釣果は、15センチから20センチのアジが3匹、チャリコが1匹、エソが1匹となりました。

 

アジ釣りは餌釣りのサビキには全く及びませんでしたが、サゴシ釣りはルアーのメタルジグの方が釣れると感じます。これから糸島のイカダ釣りではバンバンサゴシが釣れるようになると思います。昨年は海面にサゴシが跳ねまくっていたとの事です。

 

使用ロッド1:ダイワ ロッド 月下美人アジング 611L-S
使用リール1:アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール 17 カーディナル II SX1000S
使用ライン1:ダイワ 月下美人ライン TYPE-F 150m

使用ロッド2:ダイワ ロッド リバティクラブ エギング 862MH
使用リール2:ダイワ リール 15 レブロス 2506H-DH
使用ライン2:デュエル(DUEL) PEライン ハードコア X8 200m 0.6号 10m×5色マーキングシステム H3260

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ