糸島市 岐志漁港 での釣果 2017/06/19

エギング 釣果情報
スポンサーリンク

2017年6月19日 糸島市 岐志漁港での釣果です。

タコ 一匹

エギング(イカ釣り)でタコが釣れました。

本命のイカはヒットしませんでした。

満潮5:00頃 午前4時頃から7時頃迄の3時間程の釣りで、

満潮と日出の時間が近く「釣れる!」と大きな期待をもってイカ釣りに行ったのですが、

イカの反応はありませんでした。もしくはイカの”あたり”に私が気付かなかった可能性もあります。

イカがエギに触った時の竿から手元に伝わる信号(あたり)や、糸の動きによる信号(あたり)を見逃しているかもしれません。

防波堤すぐ近くにアジの子やサバの子の群れが寄って来ていて、

海面が大きくボイル(水面に波紋が出る)することがありました。

アオリイカが1匹、防波堤近くまで寄ってきたので、目で見て確認できましたが、

見えるアオリイカを釣ることはできませんでした。

餌木のサイズや餌木の色を変えて見えているアオリイカにアピールしましたが、

全く反応してくれません。

餌木に色々なアクションを加えたり、しばらく動かさないように留まらせたり、

ゆっくりと沈下(フォール)させたりもしましたが、やはり反応してくれませんでした。

見えているアオリイカは、防波堤に付いている小さなエビ等を食べているようで、

何度か防波堤にアオリイカがアタックしていました。

以前、小さなメタルジグにアオリイカがチェイス(魚がルアーを追いかける)してきたり、

アジングで使用するワームにチェイス(魚がルアーを追いかける)してきたりした経験があり、

この時のアオリイカは小さなエビ等を捕食していたのだと考えます。

海水も澄んでいてアオリイカから釣り人が見えている状態だと思われます。

今までその場所では海水が濁っていたり夜だったりとイカの警戒心が薄れている時に

イカが釣れていたため、長く粘らずに見切りを付けて見えているアオリイカを狙うのを辞めました。

私がこの場所でエギングに行くと、よくタコを釣っています。

夜の釣りでは海中をタコが泳いでいる所を何度か見かけています。

岐志漁港はタコ釣りには最適な場所かもしれません。

 

 

使用ロッド:”ROCKFISH SNIPERⅢ 76”(かめや釣り具オリジナル)

使用リール:シマノ リール アリビオ C3000

使用ライン:デュエル(DUEL) ライン HARDCORE X8 200m 0.6号

使用リーダー:デュエル(DUEL) HARDCORE POWER LEADER CN 30m 8LbS

使用ルアー(餌木):デュエル EZ-Q マグキャスト 3.0号

使用タモ:ランディングシャフト & ネットセット Red Larcal(レッドラーカル) 300 + ランディングネットM

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ