佐賀県小川島での釣果2017/9/14

アジング ロックフィッシュ 釣果情報
スポンサーリンク

佐賀県唐津市呼子町からフェリーで行ける小川島での釣果です。

9:00~15:00の6時間程。天候:くもりのち雨

風速:2m/~4m/s 風向:北北東 最高気温:25.7℃ 最低気温:21.7℃

満潮:16:46 潮:小潮

フェリーから見た小川島です。呼子港からフェリーで20分ぐらいで到着します。

朝一の出港が8:00なのでフェリーでの朝マズメは断念です。瀬渡しの船なら可能だと思います。フェリー代は大人片道510円で荷物代(行きのみ)120円でした。

離島だからなのか台風が近づいているからか防波堤先端部分は風が強くルアー釣りはかなり難しい状況でした。

防波堤の場所によっては風が弱い所がありました。山などで風裏となっているんだと思います。

 

サビキ釣りで小アジを釣って、泳がせ釣りをしようとサビキから開始。釣れたのは

スズメダイ8センチぐらいのものが沢山釣れます。

骨が固い等であまり食べる人は少ない魚みたいですが春から初夏のスズメダイは脂がのって美味しいという情報もあります。時期やサイズ、調理法によっては美味しい魚なのかもしれません。

チャリコ(鯛の子供)も釣れました。結構な確率で釣れてきます。

撒き餌を撒くと沢山集まってきます。サビキに釣れて来るのはスズメダイばかりでたまにチャリコが釣れますがアジは釣れませんでした。

あきらめてメタルジグでジギングをしましたが、反応は全くありませんでした。

切り替えてアジングでアジと根魚狙いを開始しました。

 

15センチぐらいのカサゴが釣れました。防波堤の外海ではなく防波堤の内側で防波堤のキワを底までゆっくりと落として、底に着いたらまた中層迄上げたり、キワ底からゆっくりとただ巻き等をすると数匹釣れました。「小さくてもお味噌汁等で食べると美味しい」と現地の方が勿体無がっていましたが、すべてリリースしました。

20センチぐらいのキュウセンベラも釣れました。ワームの尻尾は噛み千切られています。口が小さいせいかアシストフックに掛かってます。

見た目がカラフル?グロテスク?なので人気の無い魚ですが、関西では高級魚と言われてるらしく、刺身や揚げ物などどんな調理法でも美味しく食べられているそうです。見た目は悪いが味が良い魚

 

あいかわらず釣れるチャリコです。サイズは8センチぐらいでしょうか。

 

期待して小川島に行きましたが、持って帰れる魚は釣れませんでした。現地の方が「キジハタが釣れてるよ」と言われていました。温暖化の影響でサンゴが生息していたり小さくて綺麗な熱帯魚が泳いでいるそうです。

 

小川島からフェリーで呼子港に戻り、帰りに呼子港で1時間程釣りをしてみました。

ミノカサゴ25センチぐらいがヒット。背びれの毒があるので注意!

6センチのワームが口の中にほとんど入ってます。

根魚狙いで底をゆっくりシャクっていると掛かってきました。ジグヘッドは5グラム。

 

25センチぐらいのエソもヒット。

 

釣果は、

スズメダイ(8センチぐらい)沢山。

チャリコ(8センチぐらい)3匹。

カサゴ(15センチ)6匹。

ベラ(20センチぐらい)8匹。

ミノカサゴ(25センチぐらい)1匹。

エソ(25センチぐらい)1匹

 

使用ロッド1:シマノ ロッド ソアレBB アジング S604ULS

使用リール1:アブガルシア スピニングリール Cardinal SX1000S

使用ジグヘッド1:JAZZ(ジャズ) 尺ヘッドDXマイクロバーブ Rタイプ 0.5g~3.0g

使用ワーム1:マルキュー エコギア アジ職人 アジマスト 2.4インチ

使用アシストフック:がまかつ(Gamakatsu) サポートフック鬼爪 ケイムラスペシャル S

使用ロッド2:ダイワ ロッド リバティクラブ エギング 862MH

使用リール2:ダイワ リール 15 レブロス 2506H-DH

使用ワーム2:マルキュー グラスミノーM 323 北陸クリアホロ

使用ジグヘッド2:カツイチ スライドボム SV-45

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ