秋の長崎平戸で高級魚が釣れる!防波堤でかんたんアジの泳がせ釣り!

アジング ジギング 泳がせ釣り 釣果情報
スポンサーリンク

11月初旬平戸市の曲港に釣りに行って来ました。11月の福岡や佐賀、長崎ではブリやヒラマサの釣果情報が上がる中、根魚を釣りたく平戸の根魚ポイント曲港へ・・・・曲港は平戸の少し奥まった漁港で、水深もあり潮の流れも強くない場所です。今までクエやハタの釣果が個人的に多い場所なので期待して行って来ました。

 

アジングで針掛しないアジのフッキング率を上げる!

常夜灯がある防波堤で海面でパシャパシャと音を立てるアジ!アジングでカンタンに釣れると思いきや!?あたりは出るものの針掛しない!

 

最初に使ったジグヘッドはジャズ 尺ヘッドDX マイクロバーブ Dタイプ 1.5gとワームは一誠(issei) 海太郎 スパテラ 1.5インチ

 

ちょんちょんすると尺ヘッドが左右にぴょんぴょん泳ぎ、スパテラのテールがヒラヒラとアジを誘います。

これであたりは多く出るのですが、針掛しませんでした

 

そこでジグヘッド1.5gから1.0gに!ワームはレインのアジミートツートンカラーの必殺みかん に!さらにアシストフック鬼爪を装着!

 

レイン・アジミートの必殺みかんはツートンカラーで反面が蓄光し常夜灯の光が届かない場所でもワームが光ってアジを誘います。

あたりが出ても針掛しなかったアジがジグヘッドを軽くしワームも少し短くすることで吸い込みやすなり、さらにアシストフックを付ける事であたりが出ればほとんど針掛するようになりました。

 

 

アジも必要な数が揃い余裕が出てきたため、アシストフックに頼らずにジグヘッドとワームだけで釣ってみようと思い、1インチのメバル職人と0.8gのアジスタに変更。

装着するとこんな感じです。

 

0.8gのジグヘッドなので投げてもあまり飛びませんが、常夜灯周りにアジが居る為飛ばなくても問題ありません。投げて表層からゆっくりと沈めると、クククツというあたりがでて合わせてみると・・・・

 

アジがヒットしました。全てのあたりで針掛させる事は出ませんでしたがヒット率が上がりました。

 

アシストフックを使わずに針掛する確率を上げるには、吸い込みやすいワームはもちろんですが、ワームが沈むスピードの調整を行う事によって針掛する確率を上げる事が出来ます。今回は0.8gのジグヘッドと1インチのワームで表層からゆっくりと沈める事でフッキング率を上げる事が出来ました。

 

アシストフックを付ける事で簡単にフッキング率を上げる事が出来ますが、ジグヘッドとワームを調整することでアジを釣りやすくするのも面白いです。

 

ある程度泳がせ釣り用のアジが確保できたので、根魚狙って泳がせ釣りへ・・・

 

深夜の漁港で泳がせ釣り!高級魚のクエが釣れる!

アジングで確保したアジをジギング用の竿に泳がせ釣り仕掛けを付けて放置。泳がせているアジは大人しく、たまに竿先を揺らすぐらいの動きしか出しませんでした。

 

魚が掛かって竿やリールが海に持っていかれないように、リールのドラグを緩め放置していると、ジーーーーーとリールから音が出て、慌ててドラグを閉め合わせると・・・・

サイズは40センチ越えのクエがヒット!

クエは特殊な模様から名前が来てるそうで漢字で「九絵」と書くようです。九州ではアラと呼んだりします。

使用した泳がせ釣りの仕掛けはマルフジの泳がせ五目 のませ獲り。アジの顎に針を掛けていてアジの残骸もほとんど残っておらず、クエはアジを丸呑みしたようでした。

 

それから泳がせ釣りで根魚を狙うも釣果はありませんでした。

 

メタルジグでイトヨリダイが釣れる!長崎平戸の防波堤!

平戸曲港防波堤の朝マズメ、日が昇り始めてメタルジグでのジギングへ変更。表層を40gメタルジグを早巻するもあたりも無く何も釣れませんでした。

メタルジグを底へ沈め、中層までシャクリまた沈めの繰り返しを行ってもあたりすらありませんでした。

 

底狙いに変えて、メタルジグも40gから20gへ、竿もジギングロッドからエギングロッドに変えライトショアジギング?

 

メタルジグを底に沈め2~3シャクリし沈めてはシャクり上げるの繰り返しをしているとヒット!

何度もグイグイと竿を叩くような引き!真鯛が釣れたかと期待するも釣りあがったのはイトヨリダイでした。

 

イトヨリダイは海底の砂泥(さでい)地帯に生息していて小魚も捕食する肉食の魚で、メタルジグでも時々釣れます。海の底付近を回遊している魚なので根魚狙ってメタルジグで底を探っていると釣れ、引きも強く楽しめます。

 

食べるとクセの無い白身で柔らかく刺身よりは酒蒸しや塩焼きにする方が多いのですが、個人的にはアクアパッツァにする方が好みです。

 

それから日が昇るまで釣り続けるも釣れるのは・・

 

エソ・・・エソ・・・エソ・・・ばかり・・・・サイズもそこそこあるので引きも楽しめ釣れてくれるのは嬉しいのですが・・・目的の魚ではありません。

 

釣果が出ないのでルアーを変更。メタルジグを20グラムから15グラムに変更してゆっくりシャクっていると、今までと違う引き!

カイワリがヒット!! 引きもそこそこ強く楽しめます。20グラムから15グラムへと5グラム程度の変化ですがルアーの沈下速度が変わり今まで反応しなかった魚が反応したのかもしれません。ジグパラスローのメタルジグでテンションフォール中にアジがヒットすることがこれまでにもありました。

 

使ったメタルジグはメジャークラフトのジグパラスロー15グラム。

ジグパラスローと名付けられている様に、テンションフォールではゆっくりと沈下し速い沈下に反応しない魚に有効です。

 

 

今回の釣果は良い物ではありませんでした。深夜の釣りでなんとかクエが釣れましたが朝マズメでの反応はいまいちでした。

 

 

日時:2018年11月5日(月曜日)深夜~朝マズメ

場所:長崎県平戸市大久保町 曲港

天候:晴れ 最高気温:22.2℃ 最低気温:11.2℃

風向き:南西 風速:3m/s 海面気圧:1019.1hPa

日の出 6:41 日の入り 17:27

潮:中潮 満潮 6:31/18:44 干潮 0:14/12:27

 

釣果

クエ 1匹 (43センチ程)

イトヨリダイ 1匹(34センチ程)

アジ 12匹 (12センチ~16センチ程)

エソ 6匹 (30センチ~40センチ程)

カイワリ 1匹(20センチ程)

カサゴ 2匹(10センチ~12センチ程)

 

使用釣具

アジング

使用ロッド:ダイワ(Daiwa) アジングロッド スピニング 月下美人アジング 611L-S

使用リール:アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール 17カーディナル II SX1000S

使用ライン:Daiwa(ダイワ) 月下美人ライン TYPE-F 150m

使用ジグヘッド:JAZZ(ジャズ) 尺ヘッドDXマイクロバーブ Dタイプ 1.0g~1.5g/林釣漁具製作所 ティクト アジスタ! S 0.8g

使用ワーム:レイン(REIN) レインズ アジミート必殺みかん/一誠(issei) 海太郎 スパテラ 1.5インチ/マルキュー エコギア メバル職人 メバダート 1インチ(パールグロウ/夜光)

使用アシストフック:がまかつサポートフック鬼爪ケイムラスペシャル/Sアジ・メバルライトゲーム

 

ライトショアジギング

使用ロッド:ダイワ ロッド エメラルダス(アウトガイド) 83ML

使用リール:ダイワ リール 15レブロス 2506H-DH

使用PEライン:デュエル(DUEL) PEライン ハードコア X8 200m 0.6号 10m×5色マーキングシステム H3260

使用ルアー:メジャークラフト ジグパラ20グラム他

 

ジギング&泳がせ釣り

使用ロッド:メジャークラフト ソルパラSPS-962LSJ

使用リール:ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17リバティクラブ 3500

使用ライン:RaPaLa/ラパラ RAPINOVA-X/ラピノヴァ-X マルチゲーム PEライン 1.2号

使用リーダー:剛戦XリーダーFC 30M 8号

使用ルアー:ジグパラ 30g スロー 40g

使用ルアー:ダイワ (DAIWA) TGベイト 30g (タングステン メタルジグ ジギング)

使用仕掛け:マルフジ(Marufuji) 泳がせ五目 のませ獲り スタンダード フロロカーボンハリス75cm M

 

スポンサーリンク

“秋の長崎平戸で高級魚が釣れる!防波堤でかんたんアジの泳がせ釣り!” への2件のフィードバック

  1. 初めまして。今年からショアジギ、泳がせ釣りやりたいなぁと考えてたところこのブログに出会えました!かなりの確率でクエあげられてますね…( ゚Д゚)!!
    ショアジギタックルを揃えたいと思ってるんですけど、ブログ拝見させていただいたところソルパラ&リバティクラブとジグキャスター&16クレストの2パターンでやられているみたいですが、対象魚や時期に応じて使い分けていらっしゃるような感じですか?どっちかのセットを購入しようかと考えています。笑 差支えなければお聞きしたく_(._.)_

    あと自分も九州北部でよく釣りしてて、曲港もちょくちょく行ってます♪ブログもやってるんで良かったら覗いてみてください(^^)

    1. コメントありがとうございます。

      ルアーでクエを釣り上げるよりも泳がせ釣りでクエを釣り上げる確率が高いです。
      やっぱりルアーより生餌の方が釣れるようです。

      ショアジギングロッドの使い分けは主に水深で使い分けています。

      ショアジギングを始められるとの事でしたので「ショアジギングロッドの選び方!安くて使える初めてのショアジギロッド」の記事を書きました。

      参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ