長崎伊王島大潮でブリは釣れずにメタルジグでイサキをヒット!

ジギング 釣果情報
スポンサーリンク

ブリ狙いで長崎伊王島に行って来ました。朝5時からでしたが既に釣り人が複数人おり、ブリを釣りあげている人は・ま・だ・いない様子でした。

 

前回の伊王島での釣りでは、日が出てすぐの6:30~7:00の間にヒットした経験から、一投目から休む事なく投げてはシャクリ、投げてはシャクりを繰り返していました。

 

使うメタルジグは40グラムのジグパラ。無理なくシャクリ続ける事が出来る重さで、ベイトのサイズにマッチしたルアー。

 

しかし今回は6:30を超えてもあたりは無く釣っている人もいません。

 

大潮の日で満潮は8:40頃、海面の水位が増す中に期待を膨らませシャクり続けるも・・あたりはありません。

 

メタルジグ(ジグパラ)40グラムで30センチオバーのイサキが釣れる!

 

速いルアーの動きに反応するブリですが、あたりも出ずにヒットしている釣り人も目につかず、速いシャクリからゆっくりとしたシャクリへ変え、底付近をなるべくメタルジグが通るようにシャクっていると、ググッと何かがメタルジグにヒットしました。

 

 

35センチ程のイサキがヒットしました。

メタルジグでも釣れるイサキ、速い動きではなくゆっくりとした動き、テンションホールのゆっくりと落ちていくメタルジグに反応し、しっかりと針掛してました。

 

最初は大きめのフグがヒットしたか、真鯛がヒットしたのかと思いましたが、想像していなかったイサキがメタルジグに掛かり、釣り上げる事が出来た事に嬉しくなりました。

 

さらにイサキを釣り上げようと同じようにゆっくりとシャクり、底付近を狙うとググッと竿先が曲がりイサキと同じような引きが手に伝わり期待を抱いてリールを巻き続けると、、、、

 

 

30センチ程もあるフグがヒット!このサイズになると結構な引きがあり楽しめます。

 

この日はイサキとフグのみしか釣れず・・・・大潮で満潮時間もちょうど良いタイミングでブリのあたりも無く残念でしたが、かろうじてイサキが釣れた事に安堵し長い道のりを帰る事にしました。

 

イサキのベストシーズンは産卵の6月前後、臭みも少なく美味しい魚!

 

イサキは傷みやすい魚らしく、昔は漁師しか食べる事の出来ない魚だったようです。シーズンを過ぎて釣れるイサキは違う魚の様に味が落ちるとか言われてます。

 

イサキをさばいてみると綺麗な白子が出てきました。傷みやすい魚らしいので、その日のうちに美味しくいただきました。

 

釣果

イサキ (35センチ程) 1匹

フグ (30センチ程) 1匹

 

場所:長崎県長崎市伊王島

2018年5月15日(火曜日)5:00~9:00(4時間程)

潮:大潮 満潮 8:41 干潮 2:28

天候:晴れ 最高気温29.5℃ 最低気温16.6℃

風向き:西南西 風速:3m/s 日出 5:22 日の入り 19:12

使用釣具

使用ロッド:ダイワ ロッド ジグキャスター 90M

使用リール:ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16クレスト 4000H

使用PEライン:デュエル ハードコア X8 200m (1.0号)

使用リーダー:デュエル(DUEL) リーダー ハードコア パワー フロロカーボン 50m 4号 16lbs

使用ルアー:メジャークラフト ジグパラ40グラム

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ