長崎平戸の釣りでも釣れない事もある泳がせ釣りとライトショアジギング!

ジギング ロックフィッシュ 泳がせ釣り 釣果情報
スポンサーリンク

長崎県平戸市の曲港に夕方から深夜に掛けてライトショアジギングと泳がせ釣りをしてきました。大雨の影響なのか海にはゴミや木々が沢山浮かんでいて釣りづらい。。。

 

 

まずは泳がせ釣りの生餌を釣る。かんたんに釣れるサバ子!

エギングロッドに20グラムのメタルジグを付けてライトショアジギングを開始。上層からメタルジグをのんびり引いてくると、狙い通りのサバがヒット!

このサバを泳がせ釣りの生き餌とし、ドラグゆるゆるで放置します。

20グラムのメタルジグで底から中層に掛けてシャクリ上げてヒラヒラとフリーで落とすを繰り返しているとシャクリ上げる時に、何かが引っかかた。

 

じんわりと重い感触に、藻でも引っかかったかな?と思い引き上げてくると、おなじみの御魚がヒット!

掛かった時には全く引かなかったのに、釣り上げると暴れまくって、自滅するほどに口が裂けてしまってる。

引く時は楽しいぐらい引いてくれるエソなのですが、この日、海の中では大人しい。それから小さなエソとサバ子は釣れるものの、なんとなく釣れない感じ。

 

それからしばらく、サバも釣れず、エソも釣れず時間ばかりが過ぎていく。ジメジメした暑さで、体中ベトベトになってしまいました。

 

日も暮れて、暗くなり始めた頃には、泳がせで放置していたサバも生きているのか死んでいるのかわからない状態。

反応の無い泳がせ釣りのリールの糸を少し引っ張ると・・・するすると糸が出ていくのでサバが生きていて泳ぎ始めたのかな?と思うも念のためドラグを閉めてゆっくりと引き上げると・・・・・重量感のある引き!

キジハタがヒット!サイズは小さいけど、やっと釣れた美味しい魚に嬉しくなる。

 

既に餌に食いついていたのか、糸を引っ張り餌を引っ張った事が誘いとなって食いついたのかは分からないけど、泳がせ釣りでちょくちょく生餌の状態を糸を引っ張たりと確認した方が良いかもしれない。

 

針を外したキジハタのポーズが美しかったので、もう一枚。

 

暗くなって0時まで釣り続けるも、何も釣れず・・・せっかく平戸まで来たのに・・・

 

 

釣果

サバ子 15センチから24センチ程 数匹

エソ 15センチから25センチ程 数匹

キジハタ 27センチ程 1匹

 

2018年7月16日(月曜日)17:00~0:00(7時間程)

場所:長崎県平戸市大久保町 曲港

天候:晴れ 最高気温32.4℃ 最低気温:25.5℃ 風向き:南西 風速:4m/s 日の入り19:29

潮:中潮 満潮23:47 干潮17:22

 

使用釣具

ライトショアジギング

使用ロッド:ダイワ ロッド エメラルダス(アウトガイド) 83ML

使用リール:ダイワ リール 15レブロス 2506H-DH

使用PEライン:デュエル(DUEL) PEライン ハードコア X8 200m 0.6号 10m×5色マーキングシステム H3260

使用ルアー:メジャークラフト ジグパラ20グラム

泳がせ釣り

使用ロッド:ダイワ ロッド ジグキャスター 90M

使用リール:ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16クレスト 4000H

使用PEライン:デュエル ハードコア X8 200m (1.0号)

使用リーダー:デュエル(DUEL) リーダー ハードコア パワー フロロカーボン 50m 4号 16lbs

使用仕掛け:(泳がせ釣り):マルフジ(Marufuji) 泳がせ五目 のませ獲り スタンダード フロロカーボンハリス75cm M

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ