呼子から小川島への行き方。佐賀県唐津市呼子町小川島へ釣りに行きたい。

釣り場
スポンサーリンク

呼子港から小川島への行き方が分からない アクセス方法

呼子港から小川島へ行く旅客船「そよかぜ」の乗り場は検索してもなかなか出てきません。

他の離島へ行くフェリー乗り場は出てくるのですが小川島へのフェリー乗り場で調べても分かりませんでした。

「呼子 そよかぜ フェリー乗り場」で調べると「小川島航路時刻表/唐津市」が出てきたのですが、どこへ行けば船に乗れるかという情報は掲載されていませんでした。

他のサイトを調べてもなかなか出てきませんでした。呼子港には旅客船の乗り場が複数ありどこに向かってよいのか分かりにくい状況でした。

そよかぜを管理されている川口汽船有限会社さんに電話で確認すればよいのですが、時間帯によっては電話するのはきが引けます。

事業者:川口汽船有限会社 TEL:0955-82-8025

とりあえず現地へ向かって近くを走ってみると船の乗り場らしき場所を発見。

対面には呼子町離島待合所があり、トイレもあります。

船に「そよかぜ」の文字を発見。間違いありません。念のためバイクを船のクレーンで積み込んでいる方に「小川島行きの船はこの船ですか?」と聞いて間違えない事を確認しました。

 

そよかぜ」が出港するフェリー乗り場は「呼子町離島航路待合所」の正面にあります。

Googleで呼子町離島航路待合所を検索すると出てきます。

 

車はどこに止めれば良いのか駐車場はどこ?

呼子へ車で行く方は多いと思います。どうやら呼子から小川島へは車も一緒に船で運んでもらう事は難しいようです。

旅客船「そよかぜ」に乗る場合、車はどこへ止めれば良いのか、駐車場はあるのかを船の方に聞いてみました。

 

船の横にあるスペースには駐車禁止の文字が白で書かれています。

トラックが駐車されている場所で、並べて10台駐車できます。駐車料金は無料でした。

奥に車を止めると出られなくなることがある為、戻りの時間によっては船の方に車のカギを預ける場合があります。

駐車場が空いている場合は良いのですが、全て使用されている場合は別の場所を探さなければいけません。

 

小川島にコンビニや食料を購入する場所は無い。

船の方に聞くと残念ながら小川島にはコンビニエンスストアの様な販売店は無いらしく、釣り場近くには自販機も無いとの事でした。

小川島に行く場合は食べ物や飲み物は事前に購入して行きましょう。

 

平日の朝8時前で”呼子萬坊 海岸通り店”は閉まってました。

近くに朝市をやる場所があったため向かってみました。

 

コンビニ発見。営業時間AM7:00~PM7:00迄の様です。

通りであさ市の準備が始められていました。魚を焼く良い匂いが漂ってきてました。

 

お弁当

菓子パン

ドリンク

アイスクリーム

お菓子

 

呼子港で一番近いコンビニは、このヤマザキYショップです。前もって購入する場合は、車で4キロメートル以上走ればセブンイレブンがあります。

そよかぜの乗船料の支払いは?荷物はどうする?

旅客船「そよかぜ」の乗船料支払いは乗船後に支払います。出港してしばらくすると乗船料金の徴収に来られます。乗船料は大人片道:510円 子供片道:260円 所要時間:20分ぐらいとなります。

乗船料を支払うと「そよかぜ乗船券」というチケットを渡されます。

 

クーラーBOXや釣り竿、タモ網等の大きな荷物は乗船前に渡して積み込んでもらいます。荷物代は120円で支払うと帰りの荷物代は不要でした。荷物代も出港後に乗船料と一緒に徴収されます。

出船時間は時期によって変わります。

 

船の中は入ってすぐ左がお座敷?

右側に座席が並んでます。

入ってすぐ右側に掲示板があります。

資源管理と増殖の為、小川島防波堤及び漁港岸壁でのアオリイカ(モイカ・ミズイカ)釣りを4月1日から10月31日まで禁止しています。という張り紙が張られています。釣り具を持った乗船客には船員さんがイカ釣りはできない事を口頭でも教えてくれます。

 

2階へ上る階段があり、デッキへ出る事が出来ます。喫煙スペースも2階となってます。雨や風が強いと2階は厳しいかもしれません。

出港時間ぴったりに動き出します。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ