旭星釣りセンターのイカダ釣りはルアー釣りに向かないイカダもある。

9月の中潮の日、イカダが浮かぶ場所は海底が砂地、マゴチやヒラメ等のフラットフィッシュが釣れないかと淡い期待を持って釣りに・・・

イカダ釣りは日陰無し、夏の釣り日差しの和らぐ曇り空!

天気は曇りで、日中に釣りをするには日差しが弱く釣りをしやすい状況。誰かが「釣り日和釣果無し」って言ってたよなと思い出し、曇り空は釣り日和なのかと疑問を持ちながら、ルアーをキャスト!

何度か投げるが当たりはない・・・平日のイカダ釣りなので人が少なく四角いイカダの上をチョロチョロと移動しながら投げ続けると・・・

エソがヒット!・・・・それから何匹かエソがヒットする。

イカダが浮かんでいるのは砂地の上なのでエソが多いのか?砂地ならヒラメやマゴチが釣れてほしいのだが、少しマゴチに似た形をしてるエソが何匹か釣れる。

スポンサードリンク



旭星釣りセンターのイカダの周りは場所次第で根掛り多発!

イカダを支えているロープが海中に2本沈んでいるのが見える。2本のロープの延長線上を避けて投げるも何故かロープとロープの間であるにも関わらず、イカダから6~7m付近で根掛りする。底ではなく中層ぐらいでの根掛????

恐らく2本のロープを固定するために横一線にロープとロープをつないでるロープがあるのではないかと・・・・

イカダから8m付近から巻き上げてくる事でロープへのひっかけは回避できるが釣り辛い・・・・ロープがないであろうイカダの側面から投げるもイカダとイカダの間で根掛り・・・・・

イカダとイカダの間にブイが浮かんでいて、後から分かった事だけど、そのブイを船が回収していた。何らかの仕掛けを沈めているようだ。

ロープ掛や根掛りを避けてルアーを投げると海底にルアーを沈める場所が多少限られてくる事がめんどくさい。。

旭釣りセンターの9月のイカダではサゴシが海面をパシャパシャライズ!

海面をパシャパシャと魚が飛び跳ねていた。いるところどころで飛び跳ねた魚を見て、去年の秋のイカダはサゴシが大量にイカダの周りを飛び跳ねていた事を思い出し遠投!

軽くシャクって巻いてくるとガツんとヒット!

30センチぐらいのサゴシ! まだまだ小さいサイズだけど10月になれば、もっと大きなサゴシが釣れると思う。

サゴシのバチャバチャはすぐに収まり、たまにバチャっと急に現れるぐらいに少なくなった。もともとサゴシを釣りに来たわけではないので、根掛りポイント、ロープの引っかかりポイントを避けながら底を取りながら狙っていく。

潮は引いていき、満潮まではまだ長い13時にお迎えの船が来て終了。

イカダに人が少ない時は船頭さんの気分次第で別のイカダに移る事ができるようだが・・・この日はそんな日ではなかった。

釣果

エソ 十数匹 (6センチ~30センチ程)
サゴシ 1匹 (30センチ程)
日付:2018年9月6日(木曜日)6:00~13:00(7時間)
場所:福岡県糸島市志摩岐志 志摩 岐 志 イカダ
天候:曇り 最高気温30.1℃ 最低気温24.3℃ 風向き:北 風速:3m/s 
日の出5:55 日の入り18:38 潮:中潮 満潮6:39 干潮13:09

使用釣具

ショアジギング

使用ロッド:ダイワ ロッド ジグキャスター 90M
使用リール:ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16クレスト 4000H
使用PEライン:デュエル ハードコア X8 200m (1.0号)
使用リーダー:ゴーセン(GOSEN) フロロカーボン 剛戦 X リーダーFC 20m ナチュラル 35lb (号数 8) (ソルト)
使用ルアー1:メジャークラフト ジグパラ スロー  30g
使用ルアー2ダイワ サムライジグ PHマイワシ 20g (メタルジグ ジギング)